福島便槽内怪死事件の犯人とは?どうやって侵入したのか?

日本の事件

平成元年2月28日、福島県の山間の静かな村にある教員住宅で、日本犯罪史において、最も不可解で不気味な事件が発生した。

第一発見者は、村内の小学校に勤める女性教員のAさん(当時23歳)。小学校に隣接した教員住宅に住んでいたAさんが帰宅後、お花を摘みにトイレに入り、何気なく便器内を覗くと、靴のようなものが見えた。驚いたAさんが、すぐさま外の汲み取り口へ行くと、普段は閉まっているはずの蓋が開いており、中を覗くと人間の足が見えた。

Aさんはすぐに同僚の教員を呼び、駆け付けた同僚の職員が警察へと通報した。現場へと到着した警察官が、便槽内から引っ張り出そうとするも、あまりの狭さに出すことが出来ず、仕方なく周りを重機で掘り起こし、便槽を破壊してどうにか引っ張り出すことに成功した。引き上げられた便槽内の人物は既に死亡していた。

発見時、真冬だったにも関わらず、遺体は上半身が裸で、何故か着用していた上着を胸に抱え、顔をやや左に傾けた状態で固まっていたという。

検死の結果、死因は「凍え及び胸部循環障害」と判定された。つまり、狭い場所で圧迫されたうえで、凍死してしまったという見解である。これといって目立った外傷もなく、便槽内に侵入する際に負ったと思われる、すり傷がある程度で、争った形跡などは皆無だった。

その後の検査で、発見される2日前の26日頃に死亡していたことも判明した。小さな村ということもあり、遺体の身元もすぐに判明し、現場の状況から警察は、覗き目的で便槽内に侵入したが、あまりの狭さに出られなくなり凍死したものと断定した。

ところが、村内ではこの見解に疑問を呈する声があちらこちらで上がった。

なぜなら、死亡した人物は、村でも有名な好青年であったからである。性格は明るく、人望もあり、村長選挙では応援演説を頼まれるほどのSさん(当時26歳)が、覗きをするなど考えられなかったのだ。彼を知る人物は、誰もがそう口にしたという。

更に、Sさんの足取りにも疑念が残る。Sさんが遺体となって発見される4日前、つまり死亡推定日の2日前の24日に。父親に対して「ちょっと出かけてくる」と言って出かけたきり、行方が途絶えていたのだ。

また、Sさんが遺体で発見された便槽内に通ずるマンホールの直径はおよそ36センチで、おおよそ成人男性が自力で侵入できるような大きさではなかった。成人男性の平均肩幅はおよそ40センチほどで、仮にSさんの体格が女性並みであったとしてもギリギリである。(ちなみに、成人女性の平均肩幅は36センチ。)無理をすれば、なんとか侵入できなくもないが、脱出できるかも怪しいほどの狭い入口に、いくら女性のアレがみたいからといって、真冬に薄着で侵入するバカが、果たしているのだろうか。そんなこともあり、村内ではある噂が囁かれるようになった。

それが「他殺説」である。そりゃそうだ。

Sさんが遺体となって発見される少し前、村では近年稀にみる激しい村長選挙が繰り広げられていた。村でも有名な好青年であったSさんも応援演説に呼ばれており、度々駆り出されていた。ところが、ある理由により、Sさんは村長選挙の応援を辞退することになる。

それが「金銭のばら撒き」である。つまり、華々しい選挙運動の裏側で秘密裏に行われる「血みどろの戦い」に、正義感の強かったSさんは、耐えられなかったということだ。そういった背景を知る者たちが、口々に他殺説を口にし始めたのだ。

最終的に、噂が噂を呼んで、犯人を名指しで口にする者までもが現れ、遂には、真相解明を求める署名活動が起こり、一か月あまりで、およそ4000人の署名が集まったという。ところが、おかしなことに、警察は一向に捜査を開始する姿勢を見せず、あくまで事故死であると主張を繰り返した。

そして、この事件には、もう一つ気になる点がある。それが、死亡したSさんと、第一発見者のAさんとの関係性だ。SさんとAさんは、Aさんの彼氏を通じて知り合った知人であった。Sさんが遺体で発見される少し前から、イタズラ電話に悩まされていたAさんは、Sさんにそのことを相談しており、Aさんの彼氏とSさんは、イタズラ電話の内容を録音し、証拠として警察に届け出ていた。この件で警察が積極的に動くことはなかったが、

その後、Sさんは犯人を特定した様子で、行方不明になった当日、犯人に直接会いに行くと話していたことも判明している。

端的に言えば、嫌がらせをしていた犯人に直接会いに行くと言い残し、そのまま行方不明となったSさんが、後日、遺体となって発見されたというわけである。

ベテラン捜査員でもなければ、名探偵でもない私が言うのもあれかも知れないが、これは事故ではなく、事件だと思う。恐らく、真相が明らかになることはないだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました