名古屋妊婦切り裂き事件が未解決になった本当の理由とは?

日本の事件

「犯罪史上、稀に見る猟奇的な凶悪事件」と評され、多くの注目を集めた「名古屋妊婦切り裂き事件」。有力な手掛かりが得られないまま、事件発生から丸15年が経過した2003年3月18日に公訴時効を迎えた。何故これほどまでに世間の注目を集めた事件が、犯人逮捕はおろか、事件解決に繋がる手掛かりが一切得られなかったのか。多くの謎を残し未解決事件となった「名古屋妊婦切り裂き事件」を、今一度、深く掘り下げてみていこう。

1988年3月、会社員の男性Aさん(当時31歳)と、その妻Bさん(当時27歳)は、平凡だが、幸せな生活を送っていた。お腹に子を宿し、既に臨月を迎えていたBさんは、初めての我が子に会える日を心待ちにしていた。夫であるAさんは、そんな妻の身を案じて、仕事中も度々自宅に電話を入れては、妻の様子を気にかけていた。

事件当日の3月18日。いつものように、お昼に自宅に電話をかけたAさん。この時は普段通り電話に出たBさんだったが、退社する直前の19時前に再び電話をかけた際には、なぜか電話には出なかった。「出かけているか寝ているのだろう。」そう考えたAさんだったが、多少の心配もあり、足早に自宅へと向かった。

19時40分頃、Aさんが自宅へと到着したところ、普段は施錠してあるはずの玄関ドアが施錠されておらず、また、部屋の明かりが消えていた。Aさんは不審に思うも、いつも通り、スーツを着替える為、寝室へと入った。その時、奥の居間から微かに「赤ん坊の泣き声」が聞こえてきた。驚いたAさんが居間へと向かうと、そこにはお腹から大量の血を流している妻Bさんの姿があり、足元では、生まれたばかりの赤ん坊が、弱弱しく泣いていた。慌てて通報しようとするも、あるはずの電話がなくなっていた。Aさんは家を飛び出すと、下の階の住民から電話を借り、「救急車をすぐに回してほしい」と119番通報した。

この時、電話を貸した住民は、のちにこう証言している。「Aさんが『電話が引きちぎられて赤ん坊が出ているから電話を貸してほしい』と血相を変えて頼み込んできた。それを聞いた時は、なるほど、赤ちゃんが生まれたのか、と思っただけで、まさか、奥さんが殺されているとは思わなかった。」

通報を受け、駆け付けた救急隊員は、現場を見て騒然とした。血塗れの状態で倒れていたBさんの首には、コタツの電気コードが巻かれており、腹部が大きく切り裂かれていたのだ。また、お腹の中にいた「子供」は取り出されており、代わりに、電話の受話器とミッキーマウスのキーホルダーが、Bさんのお腹の中に詰め込まれていた。

すぐさま、Bさんと赤ん坊は病院に搬送されるも、Bさんは間もなく病院で死亡した。一方、取り出されていた赤ん坊は、胎内である程度まで成長していたため、自力呼吸が可能であったものの、搬送された時点では、外傷による貧血と、外界の寒さによる低体温症の症状が現れており、非常に危険な状態であった。しかし、発見が早かったことと、救急隊員による的確な処置のおかげで、一時間に及ぶ手術は余儀なくされたものの、奇跡的に一命は取り留めた。

警察は「きわめて悪質で残忍な殺人事件」と断定し、すぐさま捜査本部を設置、「変質者もしくは、強い恨みを持つ者による犯行」と推測し捜査を開始した。司法解剖の結果、死因は首を絞められたことによる窒息死であることが判明。

事件発生当初、警察は「異変に気付きながらも、スーツから着替えていた」ことや、「妻が好きだったからという理由で、赤ワインをグラスに注ぎ、霊前に供える」などの、パフォーマンスにも似た行動を取るAさんに疑惑の目を向けた。しかし、事件発生時刻に、会社で勤務していたことが立証されたため、Aさんはすぐに容疑者から外された。

その後、付近の住民に、聞き込み調査を行ったところ、いくつかの有力な証言が得られた。Bさんが死亡したとされる時刻に、一人の女性がBさん宅を訪れていた。自宅で生活用品を販売していたBさんの元へと、商品を受け取りに来た30代の女性である。彼女の証言によると、帰宅する際、Bさんが駐車場まで見送ってくれたが、その際、玄関は施錠していなかったという。また、Bさんは友人に対し、「空き部屋であるはずの隣の部屋に、度々見知らぬ男性が出入りしているようで不安だ」と漏らしていた。

他にも、事件当日、「ナカムラさんのところを知りませんか?」と訪ねてきた不審な30歳前後の男性が、同じアパートの住人に目撃されている。更に、近隣に住む小学生2人から、「事件当日、現場付近で見知らぬ不審な男がうろついていた」という証言も寄せられた。しかし、いずれも該当する人物にたどり着けず、捜査は振り出しに戻る。

また、事件発生当時、同地域で起きた「名古屋アベック殺人事件」になぞらえて、「命の尊さや恐れを知らない子供による犯行」という説や、妊婦のお腹を切り裂き、赤ん坊を取り出すという犯行から、医療従事者による犯行説も唱えられたが、どちらも犯人逮捕には繋がらなかった。

寄せられた情報や、推測した犯人像を元に、捜査を進めていた警察だったが、事件解決に繋がる証拠は見つからず、捜査は一向に進展しなかった。

あまりにも猟奇的な事件であるがゆえに、その犯行内容ばかりに目が行きがちだが、この事件で最も不可解な点は、被害者のお腹に、受話器やキーホルダーが詰め込まれていたことでも、赤ん坊が取り出されていたことでもなく、犯人に繋がる証拠があまりにも少なかった点である。現場の状況からすると、明らかに「異常者による猟奇的な犯行」であるにも関わらず、指紋などの証拠が一切残されていなかったのだ。

犯人は犯行後、かなり冷静に、そして確実に証拠隠滅を図っており、あまりの手際の良さに「プロの犯行では?」という説を唱える捜査員もいるほどであった。そのため、延べ4万人以上の捜査員を導入した大規模捜査にも関わらず、
疑わしい人物すらも浮上することなく、2003年3月に時効成立を迎えてしまう。

こうして「犯罪史上、稀にみる猟奇的な凶悪事件」と評された、「名古屋妊婦切り裂き事件」は、その真相を隠したまま終わりを迎えた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました