あの「世田谷一家殺害事件」の真相が遂に判明!?|未解決事件

日本の事件

2000年12月30日、今なお語り継がれる、犯罪史に名を刻む、凶悪な未解決事件が発生した。一家4人が殺害され、数々の証拠を残しておきながら、解決に至らなかった「世田谷一家殺害事件」である。その凄惨かつ残忍な犯行内容は、日本犯罪史において類例のない凶悪事件と評されるほどだ。

そんな日本一有名な未解決事件だが、ある1人のジャーナリストの執念の調査によって、長い時を経て、事件の真相が、そして真犯人が暴かれようとしていた。

21世紀を目前に控えた2000年12月30日。東京都世田谷区の一軒家で、一家4人が殺害されるという凶悪事件が発生した。被害者は、現場となった一軒家の主人Aさん(当時44歳)と、その妻Bさん(当時41歳)、そして長男(当時6歳)と長女(当時8歳)の4人である。Aさんは外資系の経営コンサルタント会社に勤めており、妻のBさんは自宅で学習塾を経営していた。

事件現場となった自宅は、2棟がくっついたような造りになっており、片方の家にはAさん一家が、もう一方の家には、妻Bさんの母親と姉夫婦が住んでいた。外見上は2棟はくっついているが、内部は繋がっておらず、一度、外に出ないと、お互いの家を行き来出来ない構造になっていた。

そろそろ年も明けようかという12月31日、Aさんの母親は、用事のためAさん宅へと電話をかけた。ところが、電話に出ないどころか、呼び出し音すら鳴らなかった。この時、既に犯人によって電話線は切られていた。不審に思った母親は、家まで行き呼び鈴を押すも、何の反応もない。それどころか、家の中からは物音一つしなかった。そこで、母親は持っていた合鍵を使い、Aさん宅に入った。そこで見た光景は、まさに地獄絵図であった。室内の至るところに血痕が付着しており、Aさん一家は、家のあちこちで倒れていた。母親は、すぐに警察と救急車を呼んだが、一家4人は、既に死亡していた。

1階の階段下で発見されたAさんは、上半身だけでなく、尻や足も含めて、体中を包丁でメッタ刺しにされており、付近は血の海と化していた。

妻Bさんと長女は、2階の踊り場で倒れており、Bさんの顔には、タンスから抜き取ったと思われる服が顔に被せてあり、長女はそのすぐ横で、うつ伏せになって倒れていた。2人とも、顔や首など、上半身を中心に何度も切りつけられていた。特に、Bさんが最も残虐な方法で殺されており、顔には、包丁でえぐったような傷が、いくつも残されていた。

長男の遺体は、2階の寝室で発見され、上から布団がかけられていた。死因は、首を絞められたことによる窒息死で、他の3人とは違い、刃物による外傷はみられなかった。

捜査の結果、犯人は12月30日の23時頃、家の裏側に隣接する公園のフェンスを足場にし、Aさん宅の2階の風呂場から侵入したものと断定された。フェンス付近の木の枝が折れており、窓の下の地面からは、犯人のものと思われる足跡も発見され、風呂場の網戸が外れて、下に落ちていたことが理由だった。しかし、実際には侵入痕はなく、現場に残されていたのは、あくまでも脱出痕のみであった。

また、付近の住民から、犯行時刻の23時30分頃に、Aさん宅から争っているような声を聞いたと証言が得られ、隣に住むBさんの母親と姉夫婦が、同時刻に「どすん」という大きな物音を聞いていた。この「どすん」という音は、殺害された被害者が階段から落ちた音、もしくは2階の踊り場に設置されていた屋根裏部屋へのはしごを上げた音、ではないかとみられており、警察はこの時刻に犯行が行われたと推測した。

Aさん宅に侵入した犯人は、まず最初に2階の部屋で寝ていた長男の首を絞めて殺害。その後、バッグに入れて持参した包丁を手に、階段を降りようとしたところ、異変を感じ、駆け付けてきたAさんと鉢合わせし、包丁で切りつけた。この時、Aさんも激しく抵抗し、犯人も負傷したとみられている。これを裏付けるように、現場からは、犯人のものと思われる血痕も見つかっている。必死の抵抗もむなしく、Aさんは力尽き、犯人によってメッタ刺しにされてしまう。Aさんの頭部からは、折れた包丁の先端が発見されている。

Aさん殺害後、犯人は3階へと上がり、今度は就寝中の妻Bさんと長女に襲い掛かった。刃先の折れた包丁で何度も切りつけたが、幸いにも、致命傷には至らず、何とか2人は逃げ出した。しかし、犯人は2人を逃がさなかった。

持参した折れた包丁を捨て、Aさん宅の包丁を台所から持ち出した犯人は、再び2人の元へと向かった。現場から、長女の血が大量に付着したティッシュペーパーが発見されていることから、犯人から逃げている間に、Bさんは、長女の傷を手当てしていたものと思われる。

Aさん宅の包丁を手にして戻ってきた犯人は、辛うじて生き延びていた2人をメッタ刺しにして殺害。絶命後も、執拗に包丁で刺していたことが、検死により判明している。絞殺された長男を除き、包丁で殺害された3人の被害者の刺し傷は、そのほとんどが死後に付けられていたことが分かっている。もはや、人間のすることではない。

一家4人を殺害した後、犯人はAさん宅にあった救急箱を開けて、自らの傷の手当てを行った。現場に残された救急箱からも、犯人の指紋が検出されており、また、生理用品で血を止めようとしていた痕跡も見つかっている。警察は、残された犯人の指紋を国内の1000万人以上の指紋と照合したが、一致したものはなかった。

犯行後の犯人の行動は、常軌を逸したものだった。すぐには現場を離れず、10時間以上ものあいだ、Aさん宅に滞在していたのだ。冷蔵庫に入っていた麦茶を口にし、台所に置いてあったメロンを食べ、アイスクリームに至っては、4個も食べていたことが分かっている。

急いでいたのか、はたまた面倒くさかったのか、アイスはスプーンを使わずに、カップを握り潰すようにして食べられていた。アイスの容器はそれぞれ、お風呂場に1つ、居間の座布団の上に1つ、1階のパソコンの横に2つ置かれてあった。また、2階のお風呂場は物が散乱しており、Aさんの仕事関係の書類や、妻Bさんの塾の書類、止血をした生理用品やタオルなどが乱暴に置かれていた。

他にも、広告やチラシなどが散乱しており、それらは、手で破かれたり、ハサミで切られているなどしていた。これは、犯人が何らかの書類を探していたためとみられている。更に、犯人はAさん宅で大便もしており、トイレに残っていた排泄物の一部を分析した結果、野菜の胡麻和えを食べていたことが判明した。

その他にも、2階の居間のソファーの上には、家中から集められたであろう、クレジットカードや運転免許証、手帳などが置かれており、これらは犯人が暗証番号を、生年月日から推測しようとした作業の痕跡ではないかと考えられている。また、1階に置かれていたパソコンからも、犯人の指紋が検出されており、確認したところ、インターネットにも接続していることが判明した。Aさんの勤めている会社のサイトや、劇団四季、科学技術庁のサイトなどに、複数回に渡ってアクセスしていた。

更に、通信記録から、第一発見者である母親が、Aさん宅を訪れるほんの数十分前まで、犯人がこの家に滞在していたことも判明している。

犯人は、Aさん宅の衣類を着用して逃走しており、犯行時に着用していたトレーナーは、血まみれの状態で現場に残されていた。他にも、黒い手袋、緑のマフラー、帽子、刃先の折れた包丁、黒いハンカチ2枚、韓国製の深緑のバッグなど、犯人の私物が大量に現場に残されていた。

また、現場に残された足跡を分析した結果、犯人は、韓国製の28センチのテニスシューズを履いていたことも判明している。この韓国製のシューズは、都内でも販売されているものの、28センチというサイズは、韓国でのみ販売されており、日本国内では、一般には流通していない物であった。

これらのことから、警察は韓国人の犯行であることも視野に入れ、採取した指紋の照合を韓国政府に依頼するも、韓国側がこれを拒否。一説によると、韓国側に提出した指紋が、ソウルに住む男性のものと一致したため、発覚を恐れて拒否という態度を示したのではないかと言われているが、真相は不明である。ちなみに、韓国では国民全員が指紋の登録を義務付けられており、指紋照合は容易であったことも付け加えておく。

これだけの証拠を残しておきながら、未だに未解決のままであるという事実から、警察内部はもちろん、事件を追っているジャーナリストなども、世田谷一家殺害事件は、外国人の犯行、つまり韓国人の仕業ではないか、という疑いを持っていた。そして今回、ある一人のジャーナリストによって、事件の真相が暴かれようとしていた。

今現在、最も真相に近いと言われているのが、次のような筋書きである。

事業失敗で、多額の資金を必要としていた、都内在住の、元宗教団体幹部Kが、Aさん宅に隣接する、都立公園の拡張工事に伴う移転補償金などによって、Aさんが取得していたおよそ1億という多額の現金を狙って犯行を計画。言葉の発達が遅かった長男の発育支援と称し、Aさん宅に近づいたKは、自分に心酔するソウル在住の元韓国軍人「R」に、一家4人の殺害を依頼。現金や預金通帳、その他、Aさん一家と自らの繋がりが分かる書類や年賀状などを、持ち出させたというものである。

これを裏付けるように、Aさん宅周辺では、移転する住居を安く買い叩き、東京都に高く売りつける不動産ブローカーや、地上げ業者などが跋扈し、Aさん宅の内情を調査したり、家族の動向を見張っていた形跡があった。彼らは、宗教団体の不動産取引を通じてKと知り合い、結託。Aさんに土地売却を持ちかけ、応じないと嫌がらせや圧力をかけるなどの迷惑行為を繰り返していたという。

また、Kの背後には”隠れオーナー”として、投資顧問会社の元代表Xがいた。事件の真相を暴こうと調査していたジャーナリストの追求に対しKは、「世田谷事件は私がやらせたことではない。本当の黒幕はXだ。」と自白したという。更に、2003年には、実行犯役と思われる「元韓国軍人のR」の指紋を、ひっそりと採取し、警察関係者を介して、非公式ながら照合した結果、不鮮明な指紋だったが、ほぼ一致するとの結論を得たという。

長い時を経て、ある一人のジャーナリストにより明らかにされたこれらの情報は、書籍『世田谷一家殺害事件、15年目の新事実』に全て記されている。

書籍には、世田谷一家殺害事件の真相を語ると共に、「警察当局が犯した最大の過ちは、初動捜査の失敗である」と、警察当局の致命的失敗について言及し、

「防犯カメラの映像ばかりを追いかけ、指紋やDNAなどの科学捜査に頼りきった、昨今の警察の捜査能力の低下と、捜査情報を垂れ流すだけで、権力批判やチェックの役目を忘れてしまった報道の在り方が、未解決事件を招いていると言ったら言い過ぎであろうか」と締めくくった。

世間の注目を集めた、日本犯罪史に残る「世田谷一家殺害事件」は、いまなお未解決である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました