平成の神隠し「江東区マンション神隠し事件」の詳細

日本の事件

こちらの記事は動画でもご視聴頂けます。

忽然と姿を消した女性|江東区マンション神隠し事件

2008年4月18日、一人の若い女性が忽然と姿を消した。行方不明となったのは、東城瑠理香さん(当時23歳)。最初に異変に気付いたのは、同じ屋根の下で生活を共にしていた姉だった。

午後8時過ぎ、仕事を終え帰宅した姉は、妹の瑠理香さんが家に居ないことに気付いた。若い女性が二人で暮らしていた為、帰宅時には必ず連絡を取るようにしていた。当然、この日も瑠理香さんから姉宛てに「家に着いたよ」という連絡が届いていた。不審に思った姉は、トイレや風呂場を調べるも、瑠理香さんの姿はなかった。普段なら、そこまで気に留めることもなかったが、この日ばかりは違った。なぜなら、玄関に瑠理香さんが履いていたであろうブーツが散乱し、弁当袋が落ちていたからだ。電話やメールにも返事がなく、心配になった姉は外まで探しに行くことに。しかし、瑠理香さんが見つかることはなく、再び自宅へと帰宅すると、玄関の壁と近くに落ちていた雑誌に血痕を発見。慌てて警察へと110番通報をした。

駆け付けた警察が室内を調べたところ、玄関には複数の血痕とピアスの留め具が見つかり、瑠理香さんの私物であるピンクのジャージと、台所にあったはずの包丁が1本無くなっていることが分かった。この時点で、何かしらの事件に巻き込まれた可能性が高くなり、本格的に捜査が開始された。マンションに設置されていた監視カメラには、瑠理香さんが仕事に行く姿と、帰宅する姿が映し出されていたものの、帰宅後に出かける姿はもちろん、怪しい人物の姿も、連れ出された形跡のあるような映像も一切映っていなかった。事件発覚後、メディアは「神隠し事件」と称し、こぞって取り上げた。

現場となったマンションは、まだ建てられたばかりで、半数以上が空き部屋であった。念のため、警察はマンション住民の全員に対し、任意で事情聴取をし、指紋の採取や家宅捜索などを行うも、事件解決に繋がる有力な情報は得られなかった。その際、警察はある一人の男に対してだけ、執拗に何度も自宅に訪れては、事情を聞いていた。

その男の名前は「星島貴徳」(当時33歳)。

事件当時、現場となったマンションの9階に住んでいたのは、瑠理香さん姉妹と星島だけであった。瑠理香さんの部屋と、星島の住む部屋は、空き部屋を挟んだ隣ということもあり、事件当時の状況を聞くため、警察は何度も訪れていたのだ。事件現場に住む、数少ない住民ということもあってか、星島はテレビのインタビューにも答えており、その際「警察は私を疑っているのでしょうけど・・・ふふっ」などと、不気味な対応を見せている。

そんな星島に捜査の目が向けられるきっかけとなったのは、住民全員に行った事情聴取の際の不審な点だった。唯一の手掛かりである、瑠理香さん宅に残された指紋を照合するため、全てのマンション住民に対し、指紋の採取を任意で行っていたのだが、偶然か、はたまた意図的か、星島の指紋は消えかかっていたため、採取することができなかったのだ。それから一か月後、星島の指先の皮膚が再生した頃を見図り、再度指紋を採取したところ、瑠理香さん宅から発見された指紋と一致、後日、警察は星島にその事実を告げた。

決定的とも言える証拠を突き付けられた星島だったが、瑠理香さんの殺害は頑として認めなかった。しかし、取り調べが長引き、辺りが暗くなった頃、一人の刑事が「被害者女性の家族に悪いことをしたと思わないのか?」と、切り出すと、「いいえ・・・」と答え、自らの犯行を認め、事件の詳細を語り始めた。

星島は4人家族の長男として生を受け、岡山県で幼少期を過ごした。父親は昔気質の仕事人間で、母親は普通の専業主婦であった。決して、歪んだ家庭環境ではなかった星島だったが、幼少期に負った、太ももの火傷の痕に大きなコンプレックスを抱いていた。高校卒業後、大手ゲームメーカーへと就職するも、やりたい仕事に巡り合えず退職、コンピューターの関連会社の派遣社員となった。星島は、コンプレックスの火傷痕が影響し、成人してからも、女性との交際経験は皆無だった。人付き合いもなく、歳を重ねる毎に自らの殻に籠るようになっていった星島は、その思想や嗜好を徐々に歪ませていく。

事件発生の一週間ほど前、自室で自慰行為にふけっていた星島は、「従順な奴隷を作ろう」と思い立った。ターゲットは、同じフロアに住む瑠理香さん。その犯行計画は、あまりに非現実的で、身勝手極まりないものだった。金曜日に拉致し、日曜日まで行為を続け調教すれば、女性は自らの虜になり、その後は従順な奴隷となるだろうと思い込んでいたのだ。

そして遂に、2008年4月18日、その穴だらけの計画は実行に移される。

星島は、瑠理香さんが部屋の鍵を開けるタイミングを見計らい、そのまま部屋へと押し入った。大声をあげ、激しく抵抗する瑠理香さんに驚いた星島は、彼女を殴り、抵抗する気力を奪うと、近くにあったジャージを頭に被せ、包丁を首に突き付けると、恐怖で言いなりになった彼女を、そのまま自室へと連れ込んだ。その後、声が漏れないよう、口にタオルを詰め込むと、手足をビニール紐で縛り、用意していたエアマットに寝かせた。そして、当初の予定通り、彼女に乱暴をしようと試みるも、血を流す彼女を見て動揺したのか、肝心なところで性器が反応を示さなかった。何とか元気を取り戻そうと、パソコンで卑〇なビデオを見始めた星島。 ところが、そんな星島の元へ、警察が訪れる。

「916号室のことを何か知りませんか?」

そう尋ねられた星島だったが、何も知らないと答えると、警察は特に部屋などを調べることはせず帰っていった。この時点で、瑠理香さんはまだ生きており、もしこの時、警察が部屋を調べていたら、瑠理香さんは助かっていた。

捜査が始まり、自らも容疑者の一人として含まれていることに気付いた星島は、事件発覚を防ぐために、瑠理香さんの殺害を決意する。事情聴取を終え、部屋へと戻った星島は、瑠理香さん宅から持ってきた包丁で、彼女の首を刺し殺害、遺体を浴室へと運び、解体作業を始めた。ところが、遺体の解体中、またしても警察が星島の部屋へと訪れる。

今度は先ほどとは違い「女性がいなくなったのですが、悲鳴などを聞かなかったですか?」と、かなり踏み込んだ質問をしてきた。さっきまで浴室で解体作業をしていた星島は、わざと頭を濡らし、シャワーを浴びていたことを装い対応した。捜査の手がすぐそこまで迫っていると感じた星島は、解体作業の手を早めた。臓器や脳みそなどは、取り出したのち、細かく切り刻みトイレに流し、胴体などの大きい部位は、段ボールに詰めて隠していた。

翌日、再び警察が星島の部屋へと訪れると、何を思ったのか、星島は自ら自室へと招き入れ、捜査に協力し始める。まず最初に、CDやゲーム機などが入った段ボールを開けて見せ、今度は遺体の入った段ボールを指さし「こっちも見ますか?」と告げた。こっちの方が、逆に怪しまれずに、調べないだろうという狙いであった。案の定、捜査員はその段ボールを調べずに、その日は帰っていった。ギリギリのところで、捜査の目を掻い潜った星島は、更に解体のペースを上げ、時には自宅から持ち出し、ゴミ置き場に捨てるなどし、3週間かけて完全に遺体を処理した。「これで元の生活に戻れる」、そう思った矢先、三度警察が星島の部屋を訪れ、一通り、部屋を調べ終えると、今度はそのまま任意同行を求められ、警察署へと連行された。

取り調べで、改めて採取した指紋が一致したこと、星島の自宅から血液反応が出たことを告げられた星島は、前述の通り、ある刑事の一言により、犯行を自供した。

世間の注目を集めるなか開かれた初公判で、検察側は、瑠理香さんの遺体の一部である肉片172個、骨片49個を提出した上で、「これらが見つけることの出来た、遺族に返すことが出来る瑠理香さんの全てです!」と延べ、事件の残虐性、猟奇性を訴え、極刑を求刑した。しかし、不幸な生い立ちや前科がないことを理由に、検察側の求刑は退けられ、星島に無期懲役が言い渡された。検察側は、これを不服とし控訴するも棄却。星島の無期懲役が確定した。

コメント

タイトルとURLをコピーしました