島根女子大生遺棄事件の犯人はどんな人物なのか?|解決した未解決事件

日本の事件

こちらの記事は動画でもご視聴頂けます。

日本犯罪史上稀にみる凄惨な事件|島根女子大生遺棄事件

2009年11月6日、広島県北広島町東八幡原の臥龍山中の崖下で、若い女性の頭部が発見された。第一発見者は山にキノコ狩りに来ていた男性で、頭部が落ち葉の上に置かれていたのを見つけ、慌てて警察に通報した。駆け付けた警察によると、発見された頭部は、セミロングの髪型で、首には刃物で切断されたような跡があったという。

島根・広島の両県警は、殺人・死体損壊遺棄事件として捜査を開始。翌7日には、DNA鑑定により、前月の26日夜から行方不明になっていた、島根県立大1年生・平岡都さん(当時19歳)であることが判明した。司法解剖の結果、顔面には殴打された形跡があり、内出血していたことが分かった。

最初の頭部発見以降、7日に林道入口近くの雑木林から左大腿骨の一部、8日には頭部発見現場の近くで、両手足のない胴体部分、翌9日には左足首、19日には、林道付近に落ちていた動物の排泄物から被害者の爪が見つかり、後日、全て平岡さんの遺体の一部であることが確認された。

捜査にあたった警察は、あまりの残虐な犯行に、驚きを隠せなかった。バラバラに解体された遺体はもちろんのこと、それら全てに、極めて「猟奇的」な手が加えられていたのだ。乳房は刃物でえぐり取られており、内臓の大部分は取り出されていた。おおよそ、人間のすることではない残虐な手口に、「被害者は人間以外の動物に、食いちぎられたのではないか」、という意見が出たほどである。また、胴体全体には焼かれた痕も確認され、顔には殴打された痕、左頬には足で踏まれたような痕がそれぞれ見つかった。日本の犯罪史において類例のない、人間の所業とは思えぬ凄惨な猟奇殺人事件である。一体、彼女の身に何が起こったのか。

地元の高校を卒業後、彼女は自らの夢を叶えるべく島根県立大に入学。学生寮で一人暮らしを始め、新しい暮らしにも慣れ始めた矢先の惨劇だった。そんな彼女が行方不明となったのは、2009年10月26日のこと。大学の授業に出席したあと、午後4時半から、島根県浜田市港町のショッピングセンター内にあるアイスクリーム店でアルバイトをしていた。午後9時過ぎ、アルバイトを終えた彼女はショッピングセンターを後にする。その時の彼女の様子が、店内の防犯カメラに映っていたが、自宅に向かう道路沿いに設置された複数の防犯カメラには、彼女の姿は映っておらず、また寮に帰宅した形跡もなかった。

翌27日の午後5時頃、母親が携帯電話にメールや電話をするものの、連絡が取れず、また28日のアルバイトにも出勤しなかったため、両親は島根県警浜田署に捜索願いを提出した。

アルバイト先から平岡さんが住んでいた寮まで、2キロほどの距離しかなく、自転車や徒歩で通勤していたと見られている。しかし、その地域一帯は夜になると、街頭も少なく真っ暗になり、人通りもほとんどなく、地元住民からも危険視されているエリアだった。実際に、日常的に帰路に不安や恐怖を感じていた彼女は、友人が店を辞めたことをきっかけに、自らも10月28日を最後に、辞めることが決まっていた。あと数日早く辞めていれば、事件に遭わなかったかも知れないと思うと、残念でならない。

遺体発見当初、警察は、あまりの残虐な犯行手口に、「怨恨による犯行」であると推測し、平岡さんの友人関係や異性関係を重点的に捜査していた。ところが、ボランティアサークルに所属し、真面目な性格な彼女に、トラブルの噂はなく、犯人逮捕に繋がる有力な情報は一切得られなかった。

事件発生から1年。延べ6万人もの捜査員を動員した大規模捜査も実らず、不審な車や人物などの情報も、捜査線上から次々と消え、事件は迷宮入りの様相を呈していた。その際、犯行内容の残虐性から、猟奇的な趣味を持つ周辺の人物を徹底的に探るべく、島根・広島全域のレンタルビデオ店の会員リストまで調べたと言われている。しかし、そんな努力もむなしく、捜査は難航。平岡さんの無念は晴らせぬまま、時間だけが過ぎていった・・・。

ところが、事件発生から7年が経ったある日、島根・広島両県警の合同捜査本部は、本事件の犯人を特定したと、メディアを通じて発表した。男の名前は「矢野富栄」(当時33歳)。目鼻立ちのはっきりした、世間で言う「イケメン」な男だった。犯人逮捕により、ついに事件の真相が明らかになるはずだったが、そう単純な話ではなかった。なぜなら、事件が発覚した2日後に、矢野は高速道路で事故を起こし、同乗していた母親と共に、死亡していたからである。一体、矢野の身に何が起きたのか。

矢野は、4人兄妹の長男として山口で幼少期を過ごし、母親は近所でも評判の美人だった。頭もよく、母親に似た整った顔立ちの矢野だったが、真面目で堅苦しい性格のため、学生時代は全くモテなかったという。その反動もあってか、成人してからの矢野は、性に対する執着心が人一倍強かった。SNSなどで出会いを求める程度で収まっておけば良かったものの、2004年に、通りすがりの女性に刃物を突きつけ、わいせつ行為に及ぼうとして怪我をさせるなど、過去に3件の前科があった。一方で、事件当時まで在籍していた会社での評判は良く、支店長も任されるほどだった。しかし、事件後も普段通り出社するという異常性も同時にみせている。そんな矢野に、捜査の目が向いたのは、事件から7年が経った頃。合同捜査本部が、犯歴のある人物を洗い直したところ、事件発生時、矢野が現場付近を車で走っていたことが判明したのだ。すぐに、矢野の所持品を押収した警察は、矢野が生前所持していたであろうデジタルカメラのデータを復元。そこには、この世のモノとは思えぬ画像がいくつも残されていた。

遺体を写している画像を始め、殺害に使用されたとみられる包丁や、遺体を解体している様子など、猟奇的な犯行の数々が、計57枚にもわたり撮影されていた。もはや悪魔の所業である。

事件発覚後、矢野は知人に「大変なことをしてしまった」と漏らしている。その後、勤め先の会社に「2日ほどお休みを頂きます」と言い残した後、母親と共に、交通事故で死亡した。一旦は事故として処理されたが、ブレーキ痕がないことから、無理心中の可能性が高いとみられている。こうして、日本犯罪史上、稀にみる猟奇殺人事件は、その真相を隠したまま終息を迎えた。

なぜ矢野は平岡さんを狙ったのか。犯行動機は何だったのか。そもそも、矢野は本当に事件の真犯人だったのか。真相が明らかになることは永遠にない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました